プロフィール写真はお花屋さんのエルちゃんです


by haniel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

見えない来客?

昨日、教会の帰りにお花屋さんでお花を買いました。
自分が好きな薄いピンクのスイトピーと、娘が好きなマトリカリア、縁のピンクのカーネーションです。
a0160373_7133984.jpg

一緒に飾ることはあまり考えないで選んだのですが、花瓶に挿したら違和感ゼロでした。
娘が言うには、Jepungさんのお店のお花は、一緒に飾って似合わない組み合わせはないのだそうです。(これは、娘にとってということですが。)
ターシャ・テューダーさんは、ご自分の庭を歩きながら花瓶に挿すいろいろな花を集めていらして、「私の庭の花で一緒に活けて合わないものはない」とおっしゃっていました。
ひとつひとつのお花が、それだけで充分に美しく完結している上に、花同志が調和して見える不思議なオーラが感じられることは確かです。
昔、小さい頃に母から聞いたお話し・・・花には妖精が住んでいる・・・を思い出します。
娘の部屋ではJepungさんからお花と一緒に来た妖精の気配を感じるかもしれません(笑)。

a0160373_713869.jpg

[PR]
# by haniel_lilium | 2010-01-25 07:17 | Comments(2)

冷蔵庫

2㎝くらいの小さいマグネットです。
殺風景だった冷蔵庫が明るくなりました。

a0160373_1812231.jpg


a0160373_18122520.jpg


お店で見つけてくれたのは娘です。
可愛さに一目惚れしたそうです。
母親の元気の素はピンクの薔薇だと思っているのかもしれません。(その通りですが・・・笑)
この、思わず微笑んでしまう、妙な可愛さは何なのでしょう。
[PR]
# by haniel_lilium | 2010-01-24 00:02 | Comments(0)

アンジェリカ

アンジェリカがこんなに開きました。
本当に、ふわふわで綺麗です。
私は春の花では、ピンクのスイトピーが大好きなのですが、この春からは、アンジェリカも大好きな春の花です。
a0160373_1914391.jpg


a0160373_1915180.jpg


昨日、用事で渋谷に行きましたので、昨日のブログにありますLiomさんまで歩きました。
ハーブティーを買って、お店で一休み・・・
a0160373_19182825.jpg


a0160373_19184934.jpg


ほんの少し、現実から離れた場所で、独りの時間を過ごすことは大事なことと実感しました。
普段は、元気に頑張れるように、心の中に開かずの間を作って、見たくないものをとりあえず収納しています。
どうしてよいか分らないので無為無策のままのこと、必要とわかっているのに気持ちが伴わなくて着手するのを先延ばしにしていること、考え始めると他の事ができなくなるくらい素敵なこと・・・
でも、たまには、開かずの間のドアと窓を開け、光と風を通さなければそこだけどんどん重たくなります。
気持ちよく暮らすために家のお掃除が大切なように、難しい事も辛い事も神さまに委ね、天使が助けてくれると信じて、気持ちの整理整頓をする時間も大切ですね。
やらなければいけないこと、やりたいことを停滞させないで、小さな一歩でも前に進めたら良いのですが。
いつか、開かずの間をすっきり綺麗にお掃除できたら、きっとアンジェリカを飾ります(笑)。
[PR]
# by haniel_lilium | 2010-01-23 00:04 | Comments(0)

風が強くても

a0160373_712429.jpg


高層マンションの陰になる、有名なとんかつ屋さんの前の道路です。
日も当たらず、いつも強いビル風が吹いている所で、蕾を開いて次々に花を咲かせています。


夜中の2時頃、もの凄い風の音で目が覚め、なかなか眠れませんでした。
気温もどんどん下がっていて寒かったので、ハーブティーでも入れようかな・・・と思いましたが、残り僅かになっていたのでやめました(笑)。
オーガニックハーブティーは、代官山にありますカフェLiomさんで買っていました。もう、半年も代官山に行っていません。
「なかなか行く機会がない」と思っているうちに半年経ってしまうのですから、自分でもビックリです。
以前は、家族に、代官山に用事がある人がいて、ちょうどランチタイムに行きやすかったのです。
それがなくなってしまうと、本当に足が遠のいてしまいました。
とても雰囲気の良いお店です。
今度、独りで行ってみようかな・・・
[PR]
# by haniel_lilium | 2010-01-22 08:00 | Comments(0)

Jepungさん流☆

今日は、父の85歳の誕生日です。
昨日、Jepungさんでアレンジメントを作って頂きました。
a0160373_8324658.jpg

ピンク系で可愛くしてくださいとお願いしました。
a0160373_8342961.jpg

アレンジ全体も可愛いのですが、一つ一つのお花の表情がとても可愛いです。
a0160373_8352892.jpg

そのお花が、どの位置で、どのお花と並んでどちらを向いて咲いているのが一番美しいのかを知り尽くしていらっしゃるのです。
それは、可愛らしいものに限らず、Jepungさんの作品の特徴です。
ですから、どんなにコンパクトに挿してあっても、お花ののびのびとした命の輝きが大きく広がっていくような解放感があります。
a0160373_8412973.jpg

娘もJepungさんのアレンジメントやウェディングブーケに感動して、憧れて、お花教室に通いました。
運転免許を取るための資金を投入して、かなり頑張りました。
気合が入っていたので(笑)お教室の先生にも、もったいなくも、期待していただけていたのですが、途中で随分悩んで挫折しました。
毎回のお稽古に使うお花の命の重さに強い罪責感を感じてしまったのです。
私は娘のそのような稀有な感受性が好きなので、勉強したことも、途中で挫折したことも、とても良い体験だったと思います。
若い時にJepungさんの感性に触れることが出来たことは、娘にとって、お花教室の修了証よりもずっと大切なことなのです。
このような出逢いは、神さまからの贈りものです。
a0160373_9104046.jpg


父の誕生日には、お花の他に、孫の作った巻き寿司を持って行きます。
今日の具は、鰤の照り焼きときゅうりです。
美味しいです。
実は、巻き寿司は娘の特技です。
恵方巻きを期待してしまう・・・(笑)
a0160373_9195822.jpg

[PR]
# by haniel_lilium | 2010-01-21 09:35 | Comments(0)

あの日のリバティー

先日、蒲田のユザワヤに行った時に、以前よりもリバティープリントのコーナーが広くなっているのに気がつきました。
品揃えが豊富になって・・・でも、私が昔好きだったプリントはありませんでした。
オカダヤやホビーラ・ホビーレでもリバティープリントを見ることが出来ますが、やはり、その中から気に入ったものを選ぼうとしても、妥協して買うには値段が高すぎるのです。
私が初めてリバティープリントを知ったのは30年も昔です。
伝統的なリバティーのプリントだって、時代のニーズに合わせて変わっていくはずですから、仕方ないと思っていました。
でも、現在のLIBERTYには、昔、渋谷西武で見たのと同じイメージのリバティープリントがたくさん紹介されています。
サイトを見ながら、学生だった私のリバティープリントへの憧れは幻ではなかったと思いました。
渋谷西武がリバティープリントを扱っていたのは、リバティージャパンが設立される以前のことです。日本でリバティープリントがブームになる10年も前です。それだけでも、当時のセゾン文化を感じますが、広くはなかったスペースに、リバティーの魅力が凝縮したようなリバティーらしいプリント生地だけが並べられていたことも今更ながら凄いと思います。あそこで、リバティープリントに出会えて幸運だったのかもしれません。
あの時、アルバイトをして生地を買い、綺麗なシャツブラウスを縫い上げて「一生ものだ~」と喜んでいた友人がいました。今も着ているかもしれません。
そろそろ妥協して、う~んと年を取っても似合いそうなリバティプリントでブラウスを縫おうと思います。

a0160373_9531924.jpg

[PR]
# by haniel_lilium | 2010-01-20 09:55 | Comments(0)

春色に咲きました☆

娘の机の上のチューリップが咲きました。
優しいピンク色が本当に素敵です。
お花の形もふわふわと可愛らしくて・・・
アンジェリカ・・・名前もぴったりです。

a0160373_19265239.jpg


a0160373_19271235.jpg


a0160373_19273448.jpg


大活躍のハートの小皿ですが、ひとまわり大きいものも買いました。
こちらは、サラダでも煮物でも、お酒のお友達を入れるのに最適な大きさ(笑)。
小さいハートと相似形です。

a0160373_193540100.jpg

a0160373_1936043.jpg


お酒も、思いっきり可愛らしく・・・
a0160373_1942052.jpg

[PR]
# by haniel_lilium | 2010-01-19 19:52 | Comments(0)

階段

a0160373_23544614.jpg


昨日は、娘と朝早く家を出て、蒲田のユザワヤに生地を買いに行きました。
平日の午前中でも混んでいる店内で、娘の拘りの生地探しにお付き合いしました。
日暮里の問屋さんの方が個性的な生地に出会えますが、娘が探していたのは無地のものばかりでしたので、見やすさ優先でユザワヤにしました。

夕方帰宅すると、マンションの工事の関係で、エレベーターが止まり、共用部分の階段・廊下が停電中でした。
真っ暗闇の階段を携帯電話の明かりで照らしながら上りましたが、携帯電話はすぐに省エネモードで暗くなります。
6階に辿り着いたところで、娘が「非常階段は外にあるから明るいね」と閃きました。
6階の真っ暗な廊下を抜けて非常階段に出ました。
外階段は明るいのですが、今度は寒風が吹き付けて来ます。
荷物を持って10階まで上ったのに、スリルがあり過ぎて、全く疲れを感じませんでした。
こんな日には、宅配業者の方や、生協の配達の方は、本当に大変だと思います。
[PR]
# by haniel_lilium | 2010-01-19 00:39 | Comments(0)